に関しては

オスロブのジンベエザメの歴史

ジンベエザメ(ラインコドンタイプス)または地元では世界最大の魚である「トゥキ」として知られ、世界野生生物団体によって絶滅危惧種に指定されました。 これらのジンベエザメは、1980年代からオスロブ沖の海域で示されています。 以前、オスロブの漁師はジンベエザメを網を破壊し、他の魚を追い払うための「害虫」と考えました。

昨年10月、タンアワン・オスロブの小さな村、ジャーソン・ソリアーノは、釣り中に鼻をバンカに絶えずぶつけた後、オキアミや赤ちゃんのエビをジンベエザメに与え始めました。 次の数日間で, より多くのジンベエザメの長さはから異なります 2 へ 6 供給後タンアワンの海岸に来ました. 示された最大のジンベエザメは、9メートルの長いバスの大きさのビッグママと呼ばれています。 まもなく、この地域のダイビングリゾートは、彼らがホエールウォッチングサイトにそれらを導くことができるかどうかを漁師に尋ねました。 最初は、漁師はサービスのためにP150からP200にそれぞれを請求しましたが、一部のツアーグループは後にTOWSFA(漁師組織)が組織されるまで、より多くの金額でそれらを手渡しました。

お買い物カゴ

Whale Shark Watching operation status based on February 12, 2024, up to date

Please be advised that with the ongoing Northeast Monsoon, whale shark watching activities are serving slowly, affecting whale shark sightings, or an early closure may be implemented for safety reasons. The Northeast Monsoon brings strong winds and rough seas, making visitors and boatmen unsafe and impacting marine life’s movement patterns, including whale sharks. While we strive to provide exceptional whale shark viewing opportunities, we want to highlight that due to reduced sightings, you may not experience the encounter during this period due to the unpredictable nature of marine conditions. We will monitor weather conditions closely and provide updates when operations return to normal. We apologize for any inconvenience this may cause and appreciate your understanding.